ごあいさつ 小石川会計事務所(タイ)



HOME > PROFILE


日本の現場に一番近いタイの会計事務所

タイに進出する日本企業を迎えて9年目、進出の勢いはまだまだ衰えを見せず、
日本国内の産業空洞化というものを肌身に感じます。どの日本企業もみな、
この国を拠点に何とかして生きていなくては、という切実な思いを抱えています。

しかし、タイも外国、言葉も文化も違い、いくら親日国でも、何年付き合ってきても、
日本と同じような形では仕事は進みません。しかも、商売やものづくりだけに専念
できるならまだしも、人事も総務も経理も税務も情報システムも含め、タイの会社の
経営管理すべてを、日本人自らが切り盛りしなければならないのが普通です。

技術畑や営業畑一筋で管理業務経験がない方はもちろん、管理業務や国際
業務の経験があっても、タイ人スタッフの統制には皆さん苦労されています。
日本の親会社がいくら指導した所で彼らの心までは動きませんし、会社を辞めて
しまうことすらあります。現地のことは現地で直接、解決していくしかありません。

弊社は単に記帳や監査をするだけの普通の会計事務所ではなく、タイで会社を
経営する日本人にとって、一番近くて頼りになる身内ありたいと考えています。
そのため、どんな仕事を進める場合でも、私自身が直接関与し、お客様のビジネス
だけでなく、お客様の会社の組織とスタッフ個々人まで理解するよう努めています。

日本とは異なる気苦労が本当に絶えない国ですが、タイの明るいお国柄には
見習うべき点もあります。日本を離れこの国で人生を賭す方が、少しでも明るく
元気に過ごせるよう、全面的に支援させていただきます。困っている人がいれば
助けたいのが人の性です。共に前向きに、お付き合いいただければ幸甚です。

2013年1月吉日
小石川会計事務所代表 長澤孝人拝

代表者略歴

1996年
公認会計士第2次試験合格。あずさ監査法人(当時朝日監査法人)監査部門入社。
2000年
公認会計士第3次試験合格。公認会計士登録。
2001年
住友電装株式会社出向。経営企画部所属、代表取締役副社長秘書として、日本企業の連結経営・グローバル経営を実践。
2004年
KPMGバンコク事務所赴任。会計税務、法務労務、M&A、事業再編、内部統制、システム導入等、アセアン進出日系企業の経営全般を支援。
2008年
小石川会計事務所(長澤孝人公認会計士事務所)として独立、引き続きタイを拠点として活動。
2009年
タイ法人Koishikawa (Thailand) Co., Ltd.設立。タイ人公認会計士をスタッフとし、日系企業専門に更なるサービスの充実を進めている。